カードローン審査と信用情報

 

カードローンを利用して借入するには各カードローン会社に審査基準をクリアしないといけません。審査基準は各カードローン会社によって違ってきます。

 

カードローンの審査で重要なのが信用情報となります。信用情報を確認することで過去~現在までの金融取引履歴がわかってしまうのです。

 

信用情報とは俗にいうブラックリストになります。信用情報には破産歴や返済してない等の業者側が絶対に貸さないと判断するような情報が登録されています。つまりブラックリストとはその様な審査においてマイナスな情報(異動情報)が記録された信用情報のことになります。

 

信用情報は異動情報だけなく現在の借入件数、借入額、返済状況等が把握することができます。もちろんこの信用情報に申込者の収入等の属性も含め総合的な判断になりますがいくらまで貸付するまたは貸付不可、総量規制に抵触している(消費者金融のみ)等をチェックすることになるのです。

 

信用情報でわかること!

  • 個人情報
  • 契約内容
  • 返済状況
  • 異動情報の有無

 

信用情報はいつでも照会できるのか?

 

信用情報はいつでも好きな時に照会できるものではありません。照会するには本人の同意が必要となります。webからカードローンを申込する前に信用情報の利用、提供、登録に関して同意しないと申込することはできなくなっているのは信用情報を照会するためです。

 

カードローン審査で信用情報を照会する立場にあれば勝手に照会することは可能なのです。つまり勝手信用情報を照会ができないわけではありませんが禁止されているのでしないのです。

 

もちろん勝手に照会していないか社内チェックも行われます。申込があれば申込入力を行い、申込入力がない人物に信用情報が照会されていないかチェックする等して防止策をとっているのです。

 

信用情報は共有されている?

 

信用情報はCIC(シーアイシー)、JICC(日本信用情報機関)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の信用情報機関で管理されています。消費者金融はCICとJICCに加盟していることが多く銀行カードローンは3つ全てに加盟していることが多いです。加盟していない信用情報機関の信用情報は照会することはできません。。

 

例えばKSCのみで自己破産の情報が記録されている場合はCICやJICCにしか加盟していない業者が自己破産の事実を把握できません。そのような状況を避けるためにマイナスな情報(異動情報)等は3機関で共有されています。異動情報はどの業者で記録されても全ての業者で把握することができます。消費者金融等の貸金業者や銀行等は必ずどこかの信用情報機関に加盟しています。

 

信用情報は自分でも見れるのか?

 

自分の信用情報が勝手に照会されていないか等と確認したい時は信用情報機関のCICやJICC,KSCへ開示請求をすれば確認することができます。それぞれ手数料が1000円くらい必要になってきます。

 

自分の信用情報がどうなっているか知ることは非常に大事です。通常に返済している人はあまり気にする必要はありませんが過去に自己破産等をして異動情報が記録されている人は確認しておいたほうがいいでしょう。

 

先述した通り異動情報は一定期間(5年~10年)で消えることになります。しかし勝手に消えていると判断してローンに申込をしたら実際はまだ残っていて審査に通らないといったこともあります。一定期間経過しているのであれば必ず確認してからローンに申込するようにしましょう。

 

カードローン特に消費者金融との取引が長い人もいるでしょう。そうなると過払金が発生している可能性は高くなっています。通常は弁護士や司法書士へ相談すれば業者は弁護士等へ取引履歴を開示することになります。

 

弁護士等に相談する前に自分で取引履歴を取り寄せて時効になっていないか等を確認してから相談すれば交渉がスムーズとなります。