銀行で即日融資を受けるにはキャッシュカードを利用するべき?

 

カードローンはその名の通りカードで借入返済ができるローンとなっています。しかしローンカードを受け取るには自動契約機へ行ったり郵送されてくるのを待ったりしなければならず即日融資ができないことがあります。

 

特に銀行カードローンの場合は自動契約機が設置されているところは少なくローンカードの郵送を待つ可能性は高くなります。

 

融資の方法としてはローンカードではなく振込での融資も可能にはなりますが、契約が遅くなってしまったら翌営業日に振込されてしまったりして即日融資が受けられないことがあります。

 

そんな時に利用したいのが銀行のキャッシュカードです。キャッシュカードでカードローンを利用することが可能となりキャッシュカード一体型(兼用型)と言われています。

 

銀行カードローンは同行の銀行口座無くても利用できるところもありますがキャッシュカードをローンカードとして利用するなら同行口座を持っている必要があります。銀行カードローンで即日融資を受けるには今持っている口座の銀行がキャッシュカードをローンカードとして利用できるか調べてみるのが良いかもしれません。

 

持っている口座の銀行カードローンを利用すると身分証や収入証明書を用意することなく借入することができるweb完結を利用することもできます。

 

キャッシュカード一体型(兼用型)を利用するもう1つのメリットが郵送物をなくすことできる点です。カードローンの利用を家族に黙っている人も少なくないでしょうから借入がバレる可能性を軽減できます。

 

しかし銀行カードローンはweb完結やキャッシュカード一体型(兼用型)を利用すると契約書やローンカードの郵送はありませんが利用規約等といった書類は郵送されます。

 

キャッシュカードをローンカードとして使える銀行カードローン

  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • りそな銀行カードローン

 

ATM手数料に違いはあるのか?

 

ATMを利用する上で気になるのがATM手数料になるでしょう。自行ATMは無料で利用できてもコンビニ等の提携ATMを利用する時にはかかってきたりすることもあります。キャッシュカード一体型とローンカードを利用する場合で手数料に違いはありません。

 

カードローン キャッシュカード一体型 ローンカード
三井住友銀行カードローン 無料
※提携金融機関ATM利用手数料・時間外手数料がかかります。
無料
※提携金融機関ATM利用手数料・時間外手数料がかかります。
みずほ銀行カードローン みずほ銀行・イオン銀行ATMは平日8:45~18:00まで無料
コンビニATMは有料
みずほ銀行・イオン銀行ATMは平日8:45~18:00まで無料
コンビニATMは有料

 

ATM手数料は1万円以下の取引で108円・1万円超で216円必要となってきます。消費者金融も提携ATM手数料は同額で有料となっています。

 

ちなみにキャッシュカード一体型とローンカードの違いは手数料ではなく使える提携ATMの数になります。三井住友銀行カードローンの場合はキャッシュカード一体型だとゆうちょ銀行ATMでの利用ができません。

 

キャッシュカードが無ければ自動契約機を利用?

 

キャッシュカード一体型は消費者金融にはマネできない非常に便利なサービスだと思います。しかしカードローンとして利用したいと思う銀行の預金口座を必ず持っているとは限りません。できれば預金口座を持っている銀行のカードローンを利用するのがいいとは思います。

 

即日融資を受けるポイントの1つとして当日ローンカードを受取可能かということが挙げられます。ローンカードさえあればATMや提携ATM等から借入することができるからです。そんな時は自動契約機があるカードローンを選択すれば解決するのです。

 

自動契約機は消費者金融だけではなく一部銀行でも設置してあります。webから申込をして審査に通っておけば仕事終わりにでも自動契約機でローンカードを受取することができて即日融資が受けられるのです。自動契約機が設置してある消費者金融もそんなに多くはなくキャッシュカードで借入するといったサービスもありません。そのような点から考えると以前とは違い即日融資に近いのは消費者金融ではなく銀行カードローンなのかもしれません。

 

自動契約機が設置してある銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行(レイク)

 

モビットならスマホで借入?

 

消費者金融は振込以外で借入するには基本的にローンカード必須となり15時以降になると借入できないこともあります。

 

しかし消費者金融のモビットならローンカードが無くてもATMから借入することができるのです。それはスマホを使っての借入です。しかも借入だけではなく返済もすることができるのです。使えるATMはセブン銀行ATMと限定はされますが非常に便利なサービと言えるでしょう。

 

これにより銀行のキャッシュカード一体型と同じくローンカードが無くてもATMを使って借入することができるようになったのです。スマホで借入することができれば銀行振込でなくても自動契約機が無くても即日融資を受けることができます。

 

このサービスは2017年6月現在モビットだけが提供しているサービスとなりますが今後、他消費者金融や銀行カードローンでも導入されればカードローンが今まで以上に便利になっていくでしょう。

 

モビットスマホで借入

 

銀行カードローンは自動で融資してくれる?

 

銀行カードローンと消費者金融の違いとして自動融資自動貸越があります。簡単に言うと銀行口座にお金がない時に自動的に融資してくれるものです。

 

自動融資とは口座引き落としで支払する時に残高不足で支払ができない時に限度額内で不足分を自動的に融資してくれるものになります。

 

自動貸越は預金口座から現金を引き出す時に自動で融資してくれて残高以上の金額を引き出すことができるものになります。

 

口座にお金が無かったり、支払を忘れる心配がなくなりますので自動融資、自動貸越どちらとも便利なサービスとなっています。しかし自動的に借入していることに気づかず借入を増やしてしまわないよう管理はしっかりする必要があります。