カードローンとキャッシングの違いは?

 

カードローンとキャッシングとはカードを使って借入するという点で同じ性質を持っています。この2つの言葉に大きな違いはなくむしろ同じ意味として使われていることがほとんどです。

 

カードローンとキャッシングの違いはカードローンは銀行や消費者金融で借入することでキャッシングとはクレジットのキャッシング枠を利用して借入することに使われることが多くなっています。本来カードローンは名詞(商品名)でありキャッシングは動詞(借入する)なのです。正式にはカードローンを使ってキャッシングするといった使い方が正しいのでしょう。

 

だから以前は消費者金融で借入することがキャッシングと呼ばれていました。今現在もそのような意味合いで使っている人もいるでしょうが間違いではありません。カードを使って自動現金支払機を使って借入することでキャッシングとなったからです。

 

ではなぜキャッシングとは別にカードローンという言葉ができたのかというとカードローンとはカードを使って借入するローン商品であり銀行が使い始めた言葉になるのです(カードローンやキャッシングは和製英語)。総量規制以降に銀行も消費者金融のような個人向け融資に力を入れ今や消費者金融を超える貸付残高になっています。銀行の個人向け融資は必ず〇×銀行カードローンとなっていてこの「カードローン」が定着し銀行カードローンと何かにつけて比較される消費者金融もカードローンとして扱われるようになったのです。

 

一方クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありキャッシング枠でカードローンと同じく借入することができます。クレジットカードはキャッシング枠と呼ばれるのに対してカードローンでは限度額と呼ばれています。つまりキャッシング枠から借入することをキャッシングと呼ぶようになったのです。

 

結論からいうとカードローンとキャッシングは同じもの考えられがちだがキャッシングという言葉はカードを使って借入することでありカードローンとは全く別の性質があります。ただ現在はクレジットカードのキャッシング枠を使って借入することがキャッシングと呼ばれ、消費者金融や銀行カードローンを利用しての借入はキャッシングと呼ばれなくなっているということです。

 

カードローンとキャッシングどちらが便利なのか?

 

結局カードローンもキャッシングもどちらも現金を借入することになります。では実際お金を借入するのに便利なのはカードローンなのかキャッシングなのかという話になってきます。

 

キャッシングよりカードローンの方が便利に利用できる考えられます。キャッシングはクレジットカードのサブ的な扱いと言えクレジットカードはショッピング枠を利用して買い物をしたりすることがほとんどでしょう。一方カードローンはお金を貸すことに特化しているのでキャッシングにはないサービス等があります。

 

カードローンの特徴

  • 限度額がキャッシング枠より大きい
  • 銀行カードローンは金利が低い
  • 返済方法が豊富
  • 返済日が固定されていない
  • 無利息サービスがある
  • 即日融資が可能になる

 

カードローンとキャッシングを比較してみました。まずカードローンは銀行カードローンになると限度額の上限が1000万円を超える商品もあり消費者金融でも500万~800万円となっています。そしてキャッシングの金利が15%~18%となっていて消費者金融と変わらない設定になっていますが銀行カードローンは10%台前半で借入することができます。

 

また返済についてですがキャッシングは毎月決まった日に口座振替での返済しかできないことがありますが(一部カードローンも同様)、カードローンは返済方法がATM、口座振替、銀行振込等から選択できて返済日も複数の中から自身にあった返済日を選択することができるのです。

 

そしてカードローンはサービスが充実しています。キャッシングで即日審査~融資を受けられるカードはほとんどないのに対してカードローンは自動契約機等が充実しており審査時間も短く即日審査~融資が可能となっているのです。カードローンには無利息期間サービスもあり非常に利便性が高くなっています。

 

クレジットカードのキャッシングとショッピングの違い

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。クレジットカードでメインに使われるのはショッピング枠でキャッシング枠はそこまで利用することはないかもしれません。

 

キャッシング枠とショッピング枠は適用される法律が違います。キャッシング枠はカードローンと同じく現金を借りるものなので貸金業法、ショッピング枠は割賦販売法が適用されることになります。

 

これによりキャッシング枠を付けようとすると収入証明書が必要になる可能性が出てくるのです。ショッピング枠のみの利用となれば収入証明書は原則必要はありません。

 

また貸金業法では過剰融資の防止のため年収(税込)×1/3までしか借入することができません。ショッピング枠でも支払可能見込額を調査して限度額を設定しています。限度額は支払可能見込額×0.9までとなっています。

 

支払可能見込額=年収ー生活維持費ークレジット債務(年間請求予定額)

 

生活維持費算出方法

居住形態 1人世帯 2人世帯 3人世帯 4人世帯
住宅費用(住宅ローン・家賃)なし 90万円 136万円 169万円 200万円
住宅費用(住宅ローン・家賃)あり 116万円 177万円 209万円 240万円

 

クレジット債務

クレジット債務(年間請求予定額)とはクレジット債務の中で支払期間が2ヶ月を超えるものが対象となるので翌月一括払いは対象にはなりません。例えばボーナス払いやリボルビング払い等が対象となります。