コンビニが24時間営業のメリットやデメリットとは?カードローン即日融資へ影響は? 

 

コンビニは24時間営業していることが最大の魅力で商品も豊富で食べ物や日用品等も充実しており特に深夜は店がどこも開いていないので非常に便利なものです。

 

ただ最近ではファミレス等で24時間営業の廃止をしたところもありコンビニでも24時間営業を廃止するという話も出るくらいです。利用者としてはメリットがあることですが経営する側としてはデメリットがあるのも事実です。

 

メリット

  • いつでも買い物や公共料金の支払ができる
  • 深夜の時給が高い
  • 避難場所として利用することができる

 

デメリット

  • 事件費や光熱費がかかり利益が出ないこともある
  • 治安が悪くなる(若者が溜まる等)
  • 深夜働くと朝夜と逆転してしまう

 

コンビに提携ATMが24時間利用できないと即日融資が受けられない?

 

コンビニにはATMが設置してあります(一部設置していないところもあり)。設置してあれば一部利用できない時間もありますが、ほぼ24時間365日預金口座からお金を引き出すことができます。

 

そしてコンビニATMでは預金口座からお金を引き出すだけではなくカードローンの借入や返済をすることができます。全てのカードローンではありませんが大手銀行カードローンや消費者金融は対応しています。

 

つまりカードローンは24時間365日いつでも即日融資を受けることが可能となるのです。例えばコンビニの営業時間が9:00~22:00までとなってしまえばコンビニATMを使っての借入に時間制限が出てしまうのです。

 

コンビニATM以外では銀行だと自行のATMやゆうちょ銀行ATMや消費者金融のATMも24時間稼働しているところはありません(一部銀行のATMは稼働)。

 

またカードローンは銀行振込でも融資を受けることができます。振込融資は一部カードローンでは24時間いつでも借入できるところがありますがほとんどは14時~15時までに手続きをとらなければ当日入金されません。

 

振込融資で即日借入できてもATMが利用できなければ借入することはできません。銀行ATMには営業時間があるからコンビニで引き出しをする人も多いでしょう。コンビニが24時間でなくなったら口座に金が入ってあるだけで引き出すことができない人が出てくるのは事実です。

 

一方でコンビニが24時間営業でなったから借入できない人が即日融資を必要とするケースは稀でしょう。夜遅く飲みに行くためカードローンを利用するという人は即日融資を受けられなくなることもあるでしょう。

 

それは無駄な借入をしなくて済んだと考えるべきでしょう。結論としてコンビニが24時間営業でなくなった場合は即日融資を受けられない人は出てきますが必要のない借入は抑えることができるのではないかと考えられます。