フリーローンとは?

フリーローンは銀行の個人向けのローン商品となっています。カードローンのように限度額内での追加融資はうけられず、契約すれば返済のみです。

 

教育ローンやマイカーローンと同じくもう一度借入するには再契約が必要となります。

 

教育ローンは教育関係にしか利用できず、マイカーローンは車関係にしか利用することができません。しかしフリーローンの場合の使い道は原則自由となっています。

 

銀行によってはフリーローンの金利の方がカードローンより金利が低いです。カードローンの上限金利は10%超の設定が多いですが、フリーローンは、大手を中心に10%未満(5%~6%)で借入できます。

 

例えば三井住友銀行フリーローン

金利 5.975%
利用できる人

・満20歳以上満65歳以下
・前年度税込年収200万円以上(個人事業主は所得金額)
・三井住友銀行へ来店できる人

借入金額

10万円~300万円
フリーローンを含めた無担保総借入額が前年度税込年収50%以内

 

一例ととして三井住友銀行のフリーローンを紹介しました。借入金額の上限が300万円とカードローン(上限800万円)と比較すると小さくなっています。

 

金利はフリーローンが8%低くなっています。利用目的よってはフリーローンを選択してもいいのではないでしょうか。

 

フリーローンはおまとめローンとして利用できるのか?

 

フリーローンの使い道は原則自由であり、おまとめローンとして利用できそうです。

 

ただフリーローンをおまとめローンとして利用できるかは銀行によって違います。フリーローンの使い道としておまとめローンを禁止しているところがあります。

 

銀行 カードローン金利 フリーローン金利 フリーローンをおまとめローンとしての利用
三井住友銀行 4.0%~14.5% 5.975%(無担保型) ×
三菱東京UFJ銀行 1.8%~14.6% 5.475%(多目的ローン) ×
イオン銀行 3.8%~13.8% 3.8%~13.5%
名古屋銀行 2.9%~14.5% 3.5%~13.5%
十六銀行 4.6%~14.6% 3.8%~10.8%
百五銀行 4.8%~14.7% 4.9%~5.9%

 

大手銀行のフリーローンはおまとめローンとして利用を禁止していますが、ネット銀行や地方銀行ではおまとめローンとして利用できるところもあります。

 

フリーローンは期限までに完済しなければならない?

 

フリーローンは返済額が完済するまで変わりません。契約の時に返済額と最終返済日(契約期限)が設定されます。

 

何らかの理由で最終返済日(契約期限)までに完済できないこともあるでしょう。最終返済日(契約期限)が過ぎて完済できなければ、それ以降は返済をしても完済するまで延滞していることになります。

 

延滞しているということはフリーローンによっては通常の金利より高い金利が適用されます。おまとめ専用ローンやフリーローンを利用してまとめた場合は、計画的に返済していかないと余計な利息を支払しなければならなくなります。

 

おすすめのフリーローン

 

フリーローンの中でおすすめなのがイオン銀行ネットフリーローンです。ネットフリーローンはおまとめローンとして利用できて、カードローンより低い金利で借入ができます。

 

商品内容

金利 3.8%~13.5%
借入金額 30万円~700万円以内
返済期間 1年以上8年以内(1年単位)
利用できる人 満20歳以上60歳未満
イオン銀行に口座がある人
安定した収入があり原則前年度年収200万円以上の人
オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられる人
追加融資 ×
手数料 事務手数料2700円 別途印紙代必要

 

ネットフリーローンは最大700万円まで借入できます。返済期間は最長で8年となりますので契約してから遅くても8年以内で完済する必要があります。

 

デメリットとして事務手数料が2,700円と契約金額に応じた印紙代が必要です。カードローンで契約する時に手数料や印紙代を支払うことはありません。