返済額が低いカードローンは?

 

カードローンによって返済額はいろいろです。カードローンを選択するうえで返済額がいくらかによって選ぶカードローンは違ってくるでしょう。月々いくらまでなら返済できるといった感じで返済額は確認するはずです。そして返済額はできる限り低いカードローンを選ぶでしょう。

 

もちろん返済額が低いカードローンでも追加返済をすることも可能となり自分のペースで返済していくことができます。返済額については銀行カードローンか消費者金融かどちらが低いということはいえません。

 

また金利が低いから返済額も低いということもありません。業者ごとの考えは違うとは思いますが返済額を低くして残高がなかなか減らないようにと考えるところもあれば返済額を高くして貸倒を防ぐために早く完済させようと考えるところもあるでしょう。

 

残高がなかなか減らなければ取引も長くなり利息収入が増えるので業者にとっては良いことではあるのですがそのぶん返済ができなくなるリスクは高くなってくるのです。ちなみに返済額が高い低いが即日融資ができるできないには一切関係はありません。

 

今から紹介するカードローンの返済額は最低水準に低いカードローンとなっています。比較のため消費者金融のプロミスの返済額も紹介しておきます。低い返済額のカードローンと比較しているのでプロミスが高く感じますが消費者金融の中では低い設定となっています。

 

残高別の返済額を比較

 

残高10万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 2,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 2,000円
楽天銀行スーパーローン 2,000円
住信SBIネット銀行MRカードローンプレミアムコ-ス 2,000円
プロミス 4,000円

 

残高50万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 10,000円
楽天銀行スーパーローン 10,000円
住信SBIネット銀行MRカードローンプレミアムコ-ス 8,000円
プロミス 13,000円

 

残高100万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 15,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 20,000円
楽天銀行スーパーローン 15,000円
住信SBIネット銀行MRカードローンプレミアムコ-ス 15,000円
プロミス 26,000円

 

返済額が変わらないカードローンがある?

 

カードローンの返済額は上記表のように残高によって変わり、残高が減っていけば返済額が下がっていくようになっています。しかし利用方法によっては返済額が完済するまで変わらないカードローンがあります。

 

返済額が変わらないことがあるカードローンはプロミスになります。プロミスの返済額は最終借入後残高によって決まるのです。つまり一番最後の借入をした時の残高によって返済額が決まるので追加借入をしなければ返済額は変わりません。

 

具体的には限度額50万円で契約して50万円を借入すると返済額は13,000円となります。その後返済をしていって残高が10万円になっても返済額は13,000円のままです。返済額を下げるには借入をして残高を10万円にすれば返済額は4,000円になるのです。

 

返済額の低いカードローンで即日融資を受ける方法は?

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは審査時間が最短30分やプロミスを含めた自動契約機が利用することができて即日融資は可能なカードローンです。また自動契約機へ行かなくても手持ちのキャッシュカードがれば近所のコンビニから借入することも可能となります。

 

土日祝でも審査~契約も可能となります。三井住友銀行の口座無くても利用することはできますが、口座(キャッシュカード)があった方が確実に即日融資を受けることができるでしょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は審査時間が最短30分となっており即日融資は可能です。しかしキャッシュカードで借入することができないのと振込融資も契約当日には対応できなくなっています。

 

三井住友銀行カードローンのように三菱東京UFJ銀行カードローンもアコム(グループ会社)の自動契約機が利用することができれば便利になるのですが、実際は使えず三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は自動契約機が近くにないと即日融資は難しくなるのです。

 

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローンは自動契約機がなくローンカードは後日郵送にて届きます。審査は最短当日中となっていますので振込であれば即日融資が可能なカードローンです。申込は遅くても午前中には申込をしないと即日融資は難しくなるでしょう。

 

また楽天銀行スーパーローンは他行の口座でも振込融資は可能ですが平日の14:45までに手続きをとらないと即日融資が受けられないのと土日祝の即日融資が受けられないのです。しかし楽天銀行の口座であれば24時間365日対応していますので平日の14:45以降や土日祝でも即日融資は可能となります。

 

楽天銀行スーパーローンであれば専業主婦の方でも最大50万円まで借入することができます。配偶者に在籍確認や収入証明書も不要となりますので即日融資を受けることも可能となっています。

 

住信SBIネット銀行MRカードローンプレミアムコース

住信SBIネット銀行MRカードローンは自行の口座を持っていないと即日融資を受けられません。口座が無くてもカードローンへの申込は可能ですが借入することができないので口座を持っていなければ即日融資目的での申込は控えましょう。

 

最短60分で借審査→身分証や収入証明書提出→本審査となります。即日可能なポイントは審査通過後キャッシュカードで借入することができるからになります。もちろん振込での融資も受けられますが確実なのはキャッシュカードを利用することです。

 

気を付けて頂きたいのが誰でもプレミアムコースが適用されるわけではなくスタンダードコースが適用される場合もあり金利は8.99%~14.79%となっています。どちらのコースになるかは審査次第になり選択することはできません。

 

プロミス

プロミスも無人契約機が充実しており三井住友銀行カードローンの自動契約機も利用することができますので時間が遅くなってからでも土日祝の申込でも即日融資は可能となっています。プロミス自動契約機の営業時間は9時~22時までとなっています。

 

振込融資の場合は14時までに契約を終わらしないと即日融資が受けられない可能性がでてきます。通常振込での融資の締め切りは早くなっていることが多いし土日祝は利用することができません。

 

しかしプロミスは三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日(一部利用できない時間あり)最短10秒で振込融資が受けられます。14時以降または土日祝の場合に即日希望の場合は自動契約機、三井住友銀行かジャパンネット銀行を利用しましょう。

 

返済額が低いカードローンを選ぶメリットやデメリットは?

 

返済額は毎月最低それだけは返済して貰えれば問題ないというものでありそれ以上の追加返済も可能になるのです。つまり返済額が低くても追加返済をすることで自分の収入に合わせて返済をしていくことができるのです。

 

しかし考えて欲しいのは毎月の返済額が低いということはその返済額だけでは残高がなかなか減っていかないのです。結果的に返済期間は長くなり完済までに支払する利息が多くなってしまうというデメリットが発生してきます。

 

ちなみに消費者金融と銀行カードローンの最低返済額を支払していくと金利は消費者金融の方が高いのに早く完済するといったことも起こるのです。もちろん返済額が同じであれば金利が低い銀行カードローンの方が早く完済することになります。

 

最低返済額はあくまで最低ですので余裕があれば追加返済することが早期完済するには大切となってきます。せっかく低金利の銀行カードローンを利用できたとしても将来的に損をしてはもったいなと思います。

 

借入金額50万円の完済までの総返済額を比較

カードローン 金利 毎月の最低返済額 完済までの総返済額
三井住友銀行カードローン 14.5% 10,000円 771,542円
住信SBIネット銀行
MRカードローンプレミアムコース
7.99% 8,000円 648,636円
プロミス 17.8% 13,000円 746,160円