銀行カードローンの審査は保証会社がするのか?

 

銀行カードローンのホームページを見ると利用できる人の欄に保証会社の保証が受けられる人となっています。下記は三井住友銀行カードローンの場合ですが保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方となっています。

 

そもそも保証会社とはお金が返済できなくなった時に債務者の代わりに銀行へ代位弁済する会社です。債務者は借入がなくなるのではなく、銀行への債務が保証会社へ移ることになり請求が保証会社から行われるのです。保証会社は一定の保証料は貰っていますがリスクはあります。銀行が審査を行って誰にでも融資してしまったら保証会社はたまったものではありません。返済能力の乏しい人ばかりに貸されては困ってしまうのです。

 

そこで銀行カードローンの審査は保証会社が行っているのです。保証会社の審査が通れば銀行カードローンを利用することができるのです。保証会社の保証を受けられるでは少しわかりにくいですが簡単に言うと保証会社の審査に通過した人が利用できるということです。

 

審査を行うのが保証会社ということは即日融資を受けるために重要となってくる要素の即日審査と関係があります。保証会社に素早く審査するノウハウがないと銀行カードローンでの即日融資は難しくなってくるので保証会社がどこなのかを知ることは大切なのです。

保証会社

 

消費者金融が保証会社?

 

保証会社の審査が早くないと即日融資は受けることはできなくなります。その保証会社を担っているのが消費者金融や信販会社だったりするのです。消費者金融や信販会社の審査のノウハウを利用して銀行カードローンは即日審査を可能にしているのです。

 

上の記三井住友銀行カードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっています。このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは消費者金融のプロミスとなっています。プロミスといえば消費者金融の大手であり審査時間も最短30分となっています。

 

つまりプロミスは消費者金融としての顔と保証会社としての顔がありカードローンの審査におけるノウハウは十分持っているので三井住友銀行カードローンの審査も最短30分が可能となっているのです。ちなみSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループの傘下に入っています。

 

大手消費者金融のアコムもまた保証会社としての顔を持っています。アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの傘下に入っているので三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の保証会社となっています。

 

プロミスもアコムどちらも複数の銀行カードローンと提携しており最短即日審査を可能にしています。都市銀行だけに限らず地方銀行の保証会社となっているので即日審査が可能な銀行カードローンは多くなっているのです。

 

保証会社が同じ銀行カードローンの審査基準はほぼ同等と考えられます。言い方は悪いですが審査に銀行は関与せず丸投げといってもいのです。銀行とすれば保証料はかかるとはいえ返済が無ければ保証会社が代位弁済してくれるのでリスクは極めて少ないのです。

 

銀行カードローンの保証会社をチェック

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
セブン銀行カードローン アコム
第三銀行カードローン アコム
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
スルガ銀行カードローン(リザーブドプラン) オリエントコーポレーションまたスルガキャピタル

 

保証会社のカードローンに申込してもいい?

 

説明したように保証会社は消費者金融や信販会社が担っています。銀行カードローンを申込しようと考える時に気になるのが審査基準です。一般的に消費者金融より銀行カードローンの方が厳しいと言われています。

 

ただ銀行カードローンの審査は消費者金融等がしているのに審査が違うのかというと保証会社としての収入は保証料になります。つまり利息収入は銀行が受け取ることになります。そのうえ返済不能になれば代位弁済というリスクもあるから審査は厳しくなるのです。

 

消費者金融としてお金を貸す時は貸倒になるというリスクもありますが、一方で利息収入もあるからある程度のリスクがあっても貸付することができるのです。

 

つまり銀行カードローンに審査に落ちてもその審査をしている保証会社へ申込をすれば審査に通る可能性はあるということです。審査に不安があるという人は多少金利は高いですが消費者金融に申込をしてもいいでしょう。

 

保証会社が2つあると審査は厳しくなるのか?

 

上記の保証会社を見てもらうとオリックス銀行カードローンやスルガ銀行カードローンは保証会社が2つあります。このように複数の保証会社がついていると全ての保証会社の審査に通らなければならず厳しくなるのではないかと勘違いするかもしれません。

 

ただ実際はどこか1つ保証会社の審査に通ればいいのです。またそれぞれの保証会社によって審査基準は変わってくるので審査に通る可能性が高くなるのです。例えば年収が一定以上ないと審査に通らないという基準があってももう1つの保証会社は年収による基準がないということもあるのです。

 

オリックス銀行カードローンは現在安定した収入があればよく年収額による申込制限を受けることがありません。しかしオリックス・クレジット株式会社しか保証会社が無かった時は年収により申込制限があったのが新生フィナンシャル株式会社がついてから制限がなくなりました。

 

消費者金融の審査通過にも保証会社を知っておくことは大事?

 

銀行カードローンの即日審査が可能なのは保証会社に関係があることは説明した通りです。またカードローンの審査通過するためにも保証会社を知っておくことは重要なのです。

 

例えば過去にプロミスを利用していて返済に問題があった場合(長期延滞、自己破産、債務整理等)はプロミスが保証している銀行カードローンを利用することはできないと考えて下さい。

 

カードローンを利用しようとしている人なら知っているかもしれませんがカードローンの審査では信用情報(借入額や他社返済状況を調べるもの)をチェックされるのですがそこには過去の自己破産や長期延滞の情報が一定期間保存されます。これがブラックリストと言われるものです。

 

ここで重要なのが一定期間は保存されるということが重要で5年~10年でその情報は削除され信用情報から消えるのでカードローンが再度利用することも可能となってくるのです。

 

しかしカードローンの会社には独自のブラックリストがあるのです。それは社内ブラック情報とも言われ半永久的に消えることはありません。つまりプロミスで破産したことは信用情報から消えて他社にはわかりませんが自己破産されたプロミスからすればその情報は半永久的に社内には残るのです。

 

プロミスで過去に問題を起こしている人はプロミス以外の消費者金融や信販会社が保証している銀行カードローンを選択するようにしましょう。そうしないとせっかく申込をしても審査に通らず即日融資のチャンスを逃すことになります。

 

当然逆も言えることでプロミスが保証する銀行カードローンで問題を起こしていればプロミスでの審査もその他のプロミスが保証する銀行カードローンの審査に通ることはできません。

 

即日融資を受けるのには審査に通ることが大前提です。保証会社を知っておくことで通る可能性の低いカードローンへの申込を避けることができるのです。

 

保証会社が代位弁済を行うとどうなるのか?

 

保証会社は保証人のような役割になるのでお金を借りている人が返済することができなくなれば代わりの返済することになりこれを代位弁済言います。代位弁済は一括で支払されることになりこれにより銀行と債務者との関係はなくなります。しかし借金がなくなったという訳ではありません。

 

代位弁済をした保証会社である貸金業者は求償権を得ることができ債務者へ請求することができるのです。つまり借金がなくなるのではなく保証会社へ移ることになり保証会社より請求されることになります。

 

代位弁済が行われれば代位弁済の件と保証会社に請求する権利があるといった内容の通知と共に一括請求が行われます。返済ができていないので代位弁済が行われているのに一括請求をされてもできないといった人がほとんどでしょう。

 

そんな時は放置せず保証会社へ相談するようにしましょう。毎月返済していける金額にもよりますが(少なすぎるのは×)分割での返済にも応じてくれることもあります。

 

返済が全くできない状況であれば弁護士や司法書士へ相談するようにしましょう。むしろ代位弁済がなされる前に相談するようにしておいて下さい。ずっと放置しておいてから相談しても債権者にあまり良い印象が持たれず任意整理するにしても交渉が難しくなることもあります。

 

信用情報でも代位弁済があったからといって借入金額が0円になるわけではなく代位弁済が行われた記録が残ります。これも自己破産等同じく異動情報(ブラックリスト)となるので5年間は記録され続けます。

 

カードローンで保証人や連帯保証人は必要か?

 

銀行カードローンでは保証会社の審査が必要なりますが、消費者金融から融資を受けるのに保証会社は必要ありません。銀行カードローンは返済ができない人がいても保証会社から代位弁済を受けることができるのでいいですが、消費者金融は回収不能となってしまえば貸したお金が返ってこないとリスクがあります。銀行カードローンよりリスクが高いことも消費者金融は法定金利の上限で設定しているところが多い理由の1つです。

 

ところでカードローンのような借金の保証といえば保証会社ではなく保証人や連帯保証人をイメージするものです。現在は大手消費者金融は無担保、無保証で融資を行っており保証人をお願いしたりする必要もありません。ただ中小消費者金融では保証人が必要となる場合もあります。

 

ちなみに消費者金融でいう保証人は保証人ではなく連帯保証人をつけるのが一般的になっています。保証人と連帯保証人はどちらも返済義務が生じてくるのですが、保証人は主債務者へ督促や強制回収してからでないと請求できないのに対して連帯保証人は主債務者へ督促しなくても請求できるのです。つまり連帯保証人の方がより主債務者に近い存在となります。ただそれを知らず安易に連帯保証人になってしまい請求されてから困るという人も多いので注意が必要です。

 

とはいえ連帯保証人を付けることで信用は当然高くなるので審査に通らない人でもつけることで与信が上がり融資の可能性が高くなるのも事実です。