銀行カードローンの審査は保証会社がするのか?

 

下記は三井住友銀行カードローンのHPの一部ですが、保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方となっています。

 

保証会社は、契約者が返済できなくなれば、銀行へ代位弁済を行います。債務者は借入がゼロになるのではなく、銀行から保証会社へ債権が移ります。

 

保証会社は一定の保証料は貰っていますが、代位弁済のリスクもあります。銀行が審査を行って誰でも融資をすれば、代位弁済する金額が増えます。

 

そこで銀行カードローンの審査は保証会社が行い、保証会社の審査に通れば、銀行カードローンを利用できます。

保証会社

 

消費者金融が保証会社?

 

保証会社の多くは、消費者金融や信販会社です。

 

例えば、三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスです。プロミスは審査時間が最短30分です。

 

プロミスが三井住友銀行カードローンの審査を行うため、三井住友銀行カードローンの審査も最短30分となります。

 

大手消費者金融のアコムも、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)等の保証会社となっています。

 

プロミスやアコムは、複数の銀行カードローンと保証提携しています。都市銀行に限らず、地方銀行の保証会社となっているため、即日審査が可能な銀行カードローンは多くなっています。

 

銀行カードローンの保証会社をチェック

銀行カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
横浜銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
セブン銀行カードローン アコム
第三銀行カードローン アコム
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション
スルガ銀行カードローン(リザーブドプラン) オリエントコーポレーションまたスルガキャピタル

 

保証会社のカードローンに申込してもいいのか?

 

一般的に審査基準は消費者金融より銀行カードローンの方が厳しいと言われています。

 

その理由は、保証会社としての収入は保証料のみだからです。利息は、保証会社ではなく銀行の収入となります。利息収入がないうえに、代位弁済というリスクもあるため、審査は厳しくなります。

 

消費者金融としてお金を貸す時は、貸倒のリスクもありますが、利息収入もあるため、多少のリスクがあっても審査に通過することができます。

 

銀行カードローンの審査に落ちても、保証会社のカードローンへ申込をすれば、審査に通る可能性はあります。審査に不安があるという人は、多少金利は高いですが、消費者金融に申込をしてもいいのではないでしょうか。

 

保証会社が2つあると審査は厳しくなるのか?

 

オリックス銀行カードローンやスルガ銀行カードローンは保証会社が2つあります。

 

2つ保証会社がある場合は、どちらかの審査に通過すればいいのです。それぞれ審査基準は違うため、審査に通る可能性が高くなります。

 

例えば、オリックス銀行カードローンは安定した収入があれば年収による申込制限はありません。ただ、オリックス・クレジット株式会社しか保証会社が無かった時は、年収により申込制限がありましたが、新生フィナンシャル株式会社がついてからなくなりました。

 

保証会社が代位弁済を行うとどうなるのか?

 

保証会社は契約者が返済できなくなれば、代位弁済をします。

 

代位弁済があれば、代位弁済の件と「保証会社に請求する権利がある」といった内容の通知と共に一括請求が行われます。

 

そんな時は放置せず保証会社へ相談するようにしましょう。毎月返済できる金額にもよりますが(少なすぎるのは×)、分割での返済にも応じてくれることもあります。

 

信用情報には代位弁済が行われた情報が記録されます。自己破産等同じく、異動情報(ブラックリスト)となるため、5年間は記録されます。