個人事業主のカードローン審査が厳しい理由とは?

 

個人事業主はカードローンの審査において正社員として働いている人と比べると厳しくなってきます。その理由としては下記の2つが挙げられます。

 

個人事業主の審査が厳しくなる理由

  • 申告する収入が少ない
  • 収入の安定性にかける

 

まず申告する収入が少ないというのは税金対策で収入を少なく申告しており実際の収入を証明することが難しいことになります。

 

カードローンの収入は原則申告のみですが金額や状況(固定電話が無し等)によって収入証明書の提出が必要となってくるのです。個人事業主は会社員とは違い源泉徴収票等ではなく、確定申告書や所得証明書、税額通知書等の公的な書類が必要となります。

 

個人事業主の収入証明書とは?

  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

 

上記が主な個人事業主の収入証明書となる書類です。個人事業主なりたての人では取得が難しかったりします。そこで発注書や請負契約書、委託元から貰える委託報酬明細書等の公的ではない書類も収入を証明できる書類と考えられますが、基本的には公的な収入証明書が必要となります。公的な書類と呼べない収入証明書でも良しとするカードローンもあるようですが基本的には厳しいことが多いようです。

 

そして個人事業主の審査が厳しい理由は収入が安定していない点が挙げられます。正社員として働いていれば景気が悪くても一定の収入は確実にあるので返済は可能となります。しかし個人事業主は景気が悪く仕事が無くなれば収入がゼロになってしまうのです。

 

個人事業主の即日融資は審査時間次第?

 

個人事業主でも審査が通り手続きの時間によって即日融資は十分に可能となってきます。しかし上記で説明したように収入が安定しているとはいえない個人事業主の場合、正社員として働いている人より審査時間がかかることが予測されるのです。

 

消費者金融は単一業者で50万円または借入総額が100万円を超える場合、銀行カードローンは収入証明書が必要となる金額(100万円~)を超える場合以外は収入証明書を不要で借入することができます。ただ場合によっては収入証明書(公的な書類)が必要となることがあるので用意するのに時間がかかり審査時間が長くなることもあります。

 

また収入証明書が不要だからといって虚偽申告(過大申告)をして審査する側が不審に思ってしまえば収入証明書の提出を依頼されてしまうかもしれません。

 

つまり個人事業主の方が即日融資を受けるには収入証明書を用意しておき正直に申告するようにしましょう。。また自分の仕事だけでは生活できないのでアルバイト等をして収入があればそちらの勤務先のことも申告するようにしましょう。

 

そして希望金額はなるべく必要最低限の申込にしましょう。金額が大きくなるとその分審査に時間はかかってきます。

 

個人事業主はカードローンへの申込理由に注意が必要?

 

カードローンの利用目的は原則自由となっていて、それがカードローンのメリットです。ただほとんどのカードローンでは個人事業主が事業資金として利用することを禁止しています。

 

カードローンを利用していけない理由は審査が複雑となり時間がかかってしまうからです。事業資金として貸すとなると事業内容を確認したりしなければならないからです。銀行や消費者金融に事業用ローンがあるのでそちらを利用するのが通常と言えます。

 

ただ利用目的を生活費や冠婚葬祭として借りたお金を事業用の資金として利用しても借入先にバレることはほとんどありません。事業資金と申告したら借入できませんし生活費で申込をして何百円も希望したら不審に思われるので申込理由には注意が必要です。

 

ちなみに事業資金として使ってもほとんどバレないとはいえ契約違反であることに変わりはありません。何らかの理由でバレることがあれば契約違反で一括請求や強制解約といったことになります。強制解約等は異動情報として登録されるのでその後ローンが組めなくなるリスクはあります。

 

個人事業主なら消費者金融から年収の1/3以上でも借入できる?

 

総量規制により消費者金融で借入できる金額は年収の1/3までとなっています。個人事業主は総量規制前から審査の厳しい銀行からではなくいくつかの消費者金融で利用してつなぎ資金を借りてお金が入れば一括で返済しまた利用するということも繰り返していました。

 

そんな個人事業主は収入も少なく申告していることが多く年収の1/3までしか借入できないという規制の対象となれば事業が立ち行かなくなることが考えられるので年収の1/3以上でも借入ができるのです。これはおまとめローン同じく例外貸付となってくるのです。

 

ただし例外貸付で年収の1/3以上借入することは可能ですがそのぶん審査は厳しくなってきます。100万円を超える借入をする場合は「事業計画」「収支計画」「資金計画」の書面が必要となってくるのです。

 

そんな消費者金融にはおまとめローン専用商品のように個人事業主向けのビジネスローン商品があります。

 

項目 アコム プロミス
限度額 上限300万円 上限300万円
金利 12.0%~18.0%(100万円以上は12.0%~15.0%) 6.3%~17.8%
借入条件 業歴1年以上 20歳~65歳以下(業歴関係なし)
必要書類 ・運転免許証・直近1期分の「確定申告書B」
100万円超の場合は以下も必要
・青色申告の場合は直近1期分の「青色申告決算書」
・白色申告の場合は直近1期分の「収支内訳書」
・運転免許証
・確定申告書(提出日が1/1~3/31の場合は証明年度が前々年分でも可)
・青色申告決算書または収支内訳書
・事業実態を疎明する書類