無職で借りれるカードローンはない?

 

無職で収入がなくてもカードローンの審査に通るという考えは甘いです。

 

現実無職で収入がないという状況で、カードローンやクレジットカードでキャッシングをすることはできません。

 

無職とされる人は、下記のような状況の人です。

 

  • 無職(ニートや引きこもり等)
  • 専業主婦(夫)
  • 年金生活の人
  • 学生(バイトしていない)
  • 失業している人

 

無職で収入がない人が審査に通らない理由は下記に紹介している通りになります。

 

消費者金融は総量規制によって、借りれる金額は年収(税込)の1/3までしか借りれません。

 

例えば年収300万円であれば、借りれる金額300万円×1/3=100万円までとなっています。つまり無職は0円×1/3=0円となるため、キャッシングすることはできません。

 

銀行カードローンは総量規制の対象ではありませんが、残念ながら無職では審査に通りません。それは借りた後に返済していく保証(原資)がないからです。

 

いくらきっちり返済していくと言われても、どうやって返していくのか?疑問におもわれてしまうだけです。後ほど紹介しますが、専業主婦(夫)は配偶者の収入が見込めるため返済できると判断されます。

 

そもそもカードローンの申込条件が安定して収入がある人になっています。つまり無職の人は、カードローンに申込することすらできず、審査もしてもらえません。

 

無職がカードローンの審査に通らない理由
  • 消費者金融は総量規制で決められている
  • 無職だと返済できる保証がない
  • 申込条件が安定した収入となっている

 

専業主婦はキャッシングできる?即日でお金を借りることは可能か?

 

専業主婦(夫)は、配偶者の収入を見込むことができるため、全ての銀行ではありませんが、審査に通れば借りることができます。

 

ただ銀行カードローンの審査は最短でも翌営業日以降になるため、即日キャッシングするということは難しいです。

 

実は消費者金融でも配偶者の承諾(書面)があれば例外的に融資することが認められていますが、大手の消費者金融では行っておらず、中小の消費者金融になります。

 

また専業主婦(夫)はキャッシングできる金額の上限が設けられていることがあり、上限が30万円~50万円となっています。

 

銀行 限度額上限 専業主婦上限
楽天銀行 800万円 50万円
イオン銀行 800万円 50万円
みずほ銀行 1000万円 30万円

 

カードローンは年金を担保にして融資は受けられない?

 

カードローンやクレジットからキャッシングをする時に、年金を担保にすることはできません。

 

年金を担保にお金を借りることができるのは、独立行政法人福祉医療機構(WAM)または政策金融公庫に限られています。

 

借りれる金額としては10万円~200万円となり、毎月の返済は年金から天引きされるため、支給額が少なくなります。

 

年金を担保にしなくても、年金収入だけでも申込できるカードローンもありますし、年金受給者を対象としているカードローン(シルバーきゃっする等)があります。

 

WAMの年金担保貸付の商品内容

融資金額 10万円~200万円(資金使途が生活必需物品の購入の場合は10万円~80万円)
借入利率 年金担保融資:2.1%(H29年9月1日現在)
労災年金担保融資:1.4%(H29年9月1日現在)
担保 年金受給権 年金証書を預かり、引き換えに年金証書預かり証を渡します。
連帯保証人 必要(審査基準あり)
信用保証制度(保証料必要)を利用する方法もあり

 

無職がキャッシングできるようになるには?

 

無職の人がカードローンやクレジットでキャッシングするには、働いて安定した収入を得ることです。

 

そすうればカードローンやクレジットへ申込することができるため、キャッシングできる可能性が出てきます。

 

当然安定した収入があっても審査に通らなければ、キャッシングすることはできませ。働くということは審査への挑戦権を得ただけということです。

 

働き出してすぐに申込をしても審査に通ることは難しく、最低半年は働いているからの申込にしましょう。

 

そして大きな金額をキャッシングしたいということであれば、年収も多くしないと審査に通りません。

 

ただ一番いいのは、審査に通ることはではなく、キャッシングをしなくても生活していけるようになることです。