消費者金融と年収の関係とは?

 

カードローンの審査では収入がいくらあるかというのは当然チェックされます。しかし多いから必ず審査に通る少ないから審査に落ちると考えるのは大きな間違いです。カードローンの審査では収入の多さよりもいかに安定した収入があるかが大切になってくるのです。

 

年収の多さで決まってくるのは限度額の大きさです。年収が多い方は高限度額が設定され年収が少なければ低限度額が設定される可能が高くなるのです。つまり年収の少ないパートやアルバイトは借入することは十分可能にはなりますが借入できる金額は少なくなります。

 

年収の影響をまともに受けるのが消費者金融や信販会社といった貸金業者になります。貸金業者から借入できる金額は年収の1/3までと法律(貸金業法)によって決められているのです。年収により借入できる金額の上限があることを総量規制と呼ばれます。

 

総量規制は貸し過ぎ、借り過ぎが社会問題となっていたのを改善させるために2010年6月に導入されました。そのために年収により借入できる金額が制限されているのです。また50万円以上または総借入金額が100万円以上の場合は収入証明書で確認することも義務付けられました。

 

総量規制によって年収による借入制限がある消費者金融ですがそんな消費者金融にもおまとめローン専用の商品があります。おまとめローンは複数の借入をまとめて金利や返済額を下げるもので金額が大きくなります。ただ消費者金融のおまとめローンは年収の1/3を超える借入は可能となるのです。これは借手(債務者)が一方的に有利になるものだからです。このような借入は例外貸付と呼ばれ年収の制限を受けることはありません。

 

消費者金融のおまとめローンの対象は消費者金融や信販会社、クレジットカードのキャッシング枠となっており銀行カードローンやショッピング枠はまとめることができなくなっています。総量規制が導入され年数も経過しており年収の1/3以上借入している人の割合も少なってきており消費者金融のおまとめローンで年収の1/3を超える割合も少なってきているでしょう。

 

年収の制限を受けない銀行カードローン

 

消費者金融が年収の制限を受ける一方で銀行カードローンは年収の制限を受けることがなく年収の1/3以上を超える借入が可能となっています。収入による制限はないとはいえ年収が少ない人が借入できる金額が高くなることはありません。

 

そして銀行カードローンは総量規制の対象外であるため収入証明書の取得する義務がありません。銀行カードローンによって違ってきますが一般的に100万円~300万円まで以上の借入の場合は収入証明書が必要となってくることがほとんどです。ただし銀行のなかには自主規制で必要になる金額を50万円以上と引き下げているところもあります。

 

収入証明書不要の金額確認!

カードローン 収入証明書不要な金額
消費者金融 50万円以上または貸金からの借入額が100万円を超える場合
レイク 原則必要
みずほ銀行カードローン 200万円以下
オリックス銀行カードローン 50万円以下
スルガ銀行カードローン 50万円以下
千葉銀行カードローン 原則不要

※金額はあくまで原則であり金額問わず必要な場合はあります。

 

銀行カードローならいくらまで借入できるのか?

 

銀行カードローンは年収関係なく融資ができます。最初から高額(100万円以上)な融資が受けることができれば金利も低くなり大変メリットがあることですが実際そのようなことは可能なのでしょうか?

 

結論からいうと高額な融資を受けられる可能性は低いといえるでしょう。ただし公務員や上場企業の正社員といった安定した収入が見込める方の可能性はあるでしょう。これは年収の多い少ないではなく安定して一定以上の収入が見込めるからです。

 

銀行カードローンで借入することができたとしても最初は100万円以下もっといえば50万円以下と低い設定からの取引となるでしょう。どういう人間性か返済能力が本当にあるのかはっきりしないなかで高額融資をするにはリスクは高いからです。つまり取引をしていない時点では信用が無いのです。

 

ただ返済をしていくなかで信用がつけば増額といったかたちで高額な借入をすることは可能となってくるのです。銀行カードローンも信用がある人にはできるだけ大きな金額を貸して利息収入を増やしたいと考えるのです。

 

カードローン審査では収入の金額より安定性が大事?

 

カードローンの審査において収入が大事な項目であることは間違いありません。無職等で収入が無いとカードローンを利用することはできませんので(専業主婦は借入可能)、収入があることはカードローンを利用するうえでは最低条件となるのです。

 

ただカードローンの審査では収入が多ければ良いというものではなく安定した収入があることの方が重要視されるのです。カードローンをつなぎ資金として利用する場合はお金が入れば一括で返済することもありますがほとんどの人は長期分割で返済していくものです。カードローンは借りる時はあっという間に増えるのですが返すとなるとなかなか減らないものなのです。

 

つまり安定して収入がないと途中で返済ができなくなるリスクがあるということです。歩合給等の割合が多く一時的に収入が上がっていたとしても審査ではあまり評価はされません。公務員や上場企業、看護師といった仕事がなくなる可能性が少なく、一定以上の金額が貰えるような職業はカードローンの審査では有利になるのです。

 

自営業者の年収とは?

 

自営業者や個人事業主の収入は普通のサラリーマンとは違ってきます。自営業者の収入は仕事をして入ってきたお金になります。これは年商呼ばれているもので入ってきたお金を全て自由に使えるわけではありません。

 

入ってきたお金から仕入れ代等の必要経費等を引いたものが本当の収入で一般的に所得と言われています。この所得によって税金が変わってくるので自営業者の人はこの所得を減らして税金を下げようとします。

 

つまり自営業者等がカードローンに申込で記入する年収は所得になります。先ほども言った通り自営業者等は節税対策でこの所得を減らそうとすることが多いです。その点で自営業者等はカードローンの審査では不利になってしまうのです。