お金を借りるなら銀行か消費者金融か?

 

お金を借りたいと考えた時に思い浮かぶのは消費者金融か銀行カードローンのどちらかではないでしょうか。ただどちらからお金を借りたらいいかわからない人もおられるでしょう。

 

どちらを選ぶかは利用する人が何をポイントにして選択するかによって違ってきます。

 

ポイントとしては、金利や毎月の返済額が低い等いろいろあると思います。今回はお金を借りる時のポイント別に消費者金融か銀行カードローンどちらが良いか説明していきます。

 

お金を借りるポイント

  • 金利が低い
  • 毎月の返済額が低い
  • 審査時間が短い(即日審査~融資可)
  • バレるリスクが低い

 

金利が低いのは?

 

金利が低ければ毎月の利息を抑えることができます。金利(利息が少ない)をポイントに選択するのであれば、間違いなく銀行カードローンです。ほとんどの消費者金融の上限金利が18に%対して、銀行カードローンは10%台前半で借入できます。

 

金利を比較!

カードローン 金利
アコム  3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 1.8%~14.6%

 

消費者金融でも無利息サービスを使えば利息は少ない?

 

銀行カードローンの方が基本的には金利は低く利息も少ないです。ただ、利用する期間が短ければ消費者金融の利息の方が少なくなることがあります。

 

消費者金融には無利息期間とサービスがあります。契約の翌日から一定期間は金利が0%で利息が発生しないサービスです。その無利息期間中に完済すれば、利息は1円も払う必要がありません。

 

また消費者金融だけではなく、銀行カードローンでも無利息期間サービスはあります。新生銀行カードローン(レイク)とジャパンネット銀行カードローンです。

 

無利息のあるカードローン

カードローン 無利息期間
プロミス 30日間(初めての契約のみ)
アコム 30日間(初めての契約のみ)
アイフル 30日間(初めての契約のみ)
ノーローン 7日間(完済した翌月なら何回でも可能)
ジャパンネット銀行カードローン 30日間(初めての契約のみ)
新生銀行カードローン 30日間または5万円までなら180日間(初めての契約のみ)

 

毎月の返済額が低いのは?

 

毎月の返済額が高ければ負担が大きくなり、継続して返済できなくないこともあります。そんなことにならないように、返済額が低いカードローンを選択することも大事なポイントでしょう。返済額が低いのは銀行カードローンです。

 

残高別の返済額を比較

 

残高10万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 2,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 2,000円
楽天銀行スーパーローン 2,000円
プロミス 4,000円

 

残高50万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 10,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 10,000円
楽天銀行スーパーローン 10,000円
プロミス 13,000円

 

残高100万円

カードローン 返済額
三井住友銀行カードローン 15,000円
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック) 20,000円
楽天銀行スーパーローン 15,000円
プロミス 26,000円

 

銀行カードローンでATM手数料を節約?

 

消費者金融や銀行カードローンの借入や返済はコンビニ等の提携ATMで行うことができます。

 

提携ATMを無料で利用できるのは一部の銀行カードローンで消費者金融は手数料(1万円以下108円・1万円超216円)が必要となります。

 

消費者金融は自社ATMなら無料で利用できます。プロミスやモビットは三井住友銀行ATMを利用すれば手数料は必要ありません。

 

即日(今日中)お金を借りるなら消費者金融

 

急なお金が必要となり今日中にお金を借りたい時は、消費者金融をおすすめします。

 

消費者金融は審査時間が最短30分と短く、無人契約機もあり即日融資を受けやすくなります。

 

振込融資だと本来14時から15時以降の受付になると翌日以降の着金になります。ただアコムやプロミスは、特定の預金口座へ振込であれば15時以降になっても振込融資をうけることができます。

 

無人契約機がなく、時間が遅くなったとしても即日(今日中)お金を借りることを諦める必要はありません。

 

そして、モビットとプロミスはカードが無くても、スマホアプリを利用してセブン銀行ATMから借入することができます。

 

審査時間が短いのは?

 

カードローンの審査時間をチェック

カードローン 審査時間
プロミス 最短30分
アコム 最短30分
楽天銀行カードローン 最短当日
新生銀行カードローン レイク 最短当日

 

上記2つの銀行カードローン以外にも即日審査が可能となっている銀行カードローンはいくつもあります。

 

ただ2018年1月以降は銀行カードローンで即日審査ができなくなります。

 

理由は申込があれば、今までは信用情報だけを照会していましたが、今後は警察庁へ照会して反社会勢力との取引排除をするようになるからです。

 

バレずに借りられるのは?

 

バレずに借入するには消費者金融がおすすめです。消費者金融はweb完結が可能となり、申込~契約までwebだけで行って、契約書等の郵送物をゼロにできます。

 

また自動契約機を利用して契約することでバレるリスクを軽減できます。自動契約機を利用すればカードを受取することができて、併設のATMで借入することができます。

 

自動契約機の営業時間をチェック

カードローン 自動契約機の営業時間
プロミス 9:00~22:00(土日祝も利用可能)
※三井住友銀行カードローンの自動契約機も利用可能
アコム 8:00~22:00(年末年始は除く)
三井住友銀行カードローン 9:00~21:00
※プロミスの自動契約機も利用可能
三菱東京UFJ銀行カードローン 平日9:00~20:00
土曜・祝日
10:00~18:00
日曜10:00~17:00
新生銀行カードローン レイク 平日・土曜
8:45~24:00
日曜・祝日
8:45~22:00
毎月第3日曜
8:45~19:00

※新生銀行カードローンレイクは新規契約の場合は21時までに契約完了しないと即日融資が受けられません。

 

モビットのweb完結はバレない

 

モビットのweb完結申込を利用すれば、郵送物が一切ありません。web上で契約まで行い、カードレスで取引するため、郵送物がありません。

 

そして結果連絡等は全てメールで行い、在籍確認は健康保険証+収入証明書で行われるため、電話連絡がありません。

 

郵送物や電話連絡をなくすことができるモビットは借入がバレたくない人におすすめです。

 

web完結の条件

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること
  • 社会保険証または組合保険証を持っていること

 

審査通過率が高いのは?

 

銀行でも消費者金融でも審査に通らなければお金を借りることはできません。そこで審査通過率を比較していきます。銀行は審査通過率が公表されている新生銀行カードローンレイクで比較します。

 

カードローン貸付率

カードローン 2017年1月 2017年2月 2017年3月
プロミス 41.0% 42.5% 42.4%
アイフル 41.4% 41.8% 43.5%
新生銀行カードローンレイク - - 36.3%(2017年1月~3月計)

 

銀行より消費者金融の方が審査通過率は高いです。消費者金融の中でもアコムが48%と高い審査通過率となっています。

 

新生銀行カードローン(レイク)は36%となっており、3人に1人は審査に通過することになります。ただレイクは金利が消費者金融と同じで18%でとなっているため、金利が低い他銀行カードローンの審査通過率は低いと考えられます。