カードローンは安定した収入があれば申込可能?

 

カードローンの申込できる人の条件は安定した収入があることです。ろうきん(労働金庫)等のカードローンでは年収により制限が設けられていることもありますが、消費者金融や銀行カードローンでは年収がいくら以上ないと申込できないといった制限はほとんどありません。

 

もちろん消費者金融の場合は年収の1/3までしか借入することができないので年収が少なければ借入できる金額も少なくなります。例えば年収100万円なら33万までしか借入することはできません。

 

カードローンの審査は年収が多いからといって必ずしも高額の金額が借入できるわけではありません。金額より安定した収入が見込める方が審査では大事になってきます。

 

安定している職業の代表が公務員といえるでしょう。公務員は定年まで働くことができて一定の水準からそれ以上の収入が貰えます。警察や自衛隊といった命と隣り合わせにある職業は少し違ってはきます。公務員はカードローンでは顧客としては一番の上客といえるのではないでしょうか。

 

一方年収が多くてもカードローンの審査において評価されにくいとされるのが歩合給が多い職業と言われます。歩合給が多くても基本給が少なければ安定しているとはいえずカードローン審査において評価されにくいといえるのです。

 

話はずれましたがアルバイトやパートでも毎月安定した収入があり返済能力があると判断されればカードローンを利用することは可能なのです。パートで働いている主婦(主夫)の方だと配偶者控除を受けるため約8万円~9万円/月程度までに抑えている人が多いと思います。その収入だと高額な借入は期待できませんが生活費くらいの借入は十分可能でしょう。

 

アルバイトやパートが審査で有利になるには?

 

これはアルバイトやパートだからという訳ではありませんが勤続年数は長いにこしたことはありません。正直アルバイトやパートは正社員ほど長く働くイメージがなくいつ辞めてもおかしくないと判断されてしまいます。3年以上働いているようであれば審査に有利に働くことでしょう。

 

カードローンによって勤続年数の判断は分かれますが最低半年から1年以上はあった方がいいと判断されますがそれにより100%落ちるということも言えません。カードローンの審査は収入や勤続年数等を総合的に判断されます。

 

またパートやアルバイト先で社会保険を加入していると審査において有利に働くことになります。パートやアルバイト先で社会保険を取得するには条件があり1週間当たりの労働時間、1ケ月当たりの労働日数が正社員の3/4以上あれば取得できるからです。

 

そして社会保険は長期的に働くことを前提に加入することになるからです。業者側からすれば長期雇用=収入が安定しているとなるので社会保険に加入していることは審査に有利となります。

 

アルバイトやパートは在籍確認あるのか?

 

パートやアルバイトでももちろん在籍確認は必要となってきます。パートやアルバイトで在籍確認をされるのは困るといった方は多いでしょう。在籍確認されたくないから専業主婦(夫)として申告した場合は審査に不利になるのでしょうか?

 

専業主婦(夫)は本人に収入がないため配偶者の収入を基に審査が行われパートやアルバイトは本人の収入を基に審査が行われます。配偶者の収入の方がいいから専業主婦(夫)の方が審査に通りやすいと考えるかもしれませんがパートやアルバイトの方が審査には通りやすいです。

 

それは自分でお金を稼いでいるのでそのお金は自由に使えると判断されるからです。配偶者の収入はあくまで他人の収入であり自由に使えるとは判断されにくいためです。

 

だからパートやアルバイトをしているのに在籍確認が困るとか審査に通りやすいと勘違いして専業主婦(夫)でカードローンに申込するのは辞めましょう。何度も言いますがカードローンの審査では安定した収入が大事になってくるのです。

 

もし在籍確認が困るということであればセブン銀行カードローンかモビットを選択することで在籍確認が回避できる可能性があります。

 

学生でもカードローンは利用できるのか?

 

アルバイトをして毎月安定した収入がある学生もいます。安定した収入があれば学生たとしてもカードローンを利用することは可能になります。ただしほとんどのカードローンは20才以上でないと申込することはできません。高校生等の未成年がアルバイトで安定した収入があったとしても申込することはできないのです。

 

一部の消費者金融やろうきん(労働金庫)であれば未成年でも利用できるカードローンは存在します。未成年であればカードローンを利用するよりクレジットカードを利用することをおすすめします。

 

カードローンでもクレジットカードにしても学生でアルバイトでは大きな金額は借入することはできません。銀行や消費者金融では学生には貸さないと決めているところもあるかもしれません。