専業主婦(夫)はカードローンで借入できるのか?

 

カードローンを利用すれば返済していかなければなりません。返済するには毎月安定した収入が必要となってきます。しかし専業主婦(夫)は配偶者に安定した収入があり本人には収入がありません。そんな専業主婦(夫)でもカードローンを利用することができるか疑問があるはずです。

 

専業主婦(夫)でもカードローンを利用することは可能となってきます。ただし消費者金融での借入はできず銀行カードローンから借入する必要があります。しかし全ての銀行カードローンで専業主婦(夫)への貸付を行っているわけでありません。

 

専業主婦(夫)が気になる点

  • 配偶者の承諾や在籍確認は必要か?
  • どこでいくら借入できる?
  • 返済額は毎月返済していける金額なのか?

 

カードローン利用に配偶者の承諾や在籍確認は必要か?

 

専業主婦(夫)も借入は家族に内緒といった方がほとんどでしょう。生活費なのに配偶者へ相談できず借入をしてしまうこともあるでしょう。

 

ただ本人には収入がないので収入のある配偶者の同意が必要になってくるのではないかと心配になるかもしれませんが承諾なしで借入できるカードローンがほとんどです。先ほど消費者金融では借入できないと説明しましたが消費者金融で借入するには配偶者の承諾が必要になってきます。もちろん口頭ではなく書面として取得する必要があります。このような貸付は配偶者貸付と言われるのですが多少手間がかかってくるので実務で行っている消費者金融はほとんどありません。

 

しかし銀行カードローンは配偶者の承諾がなくても貸付できるのです。なぜ銀行だけ承諾無しで貸付できるのかというと適用される法律が違うからです。消費者金融は貸金業法、銀行カードローンは銀行法で営業をしているのです。貸金業法では承諾はいるが銀行法では承諾不要なので貸付ができるのです。

 

また気になるのが配偶者の勤務先へ在籍確認が行われるかということも気になるはずです。勤務先へ電話されてしまったら借入がバレる可能性は非常に高くなってしまいます。その点も気にする必要はなく在籍確認は行われません。配偶者の勤務先の情報は申告のみとなりますが在籍確認がないことをいいことに虚偽の申告はダメです。専業主婦(夫)は扶養に入っているでしょうから保険証をチェックされたら一発でわかります。

 

専業主婦(夫)はどこでいくらまで借入できるのか?

 

結局一番気になることだと思いますがどこでいくら借入できるかとういことです。下記で専業主婦(夫)でも借入できるカードローン紹介していますが借入できる金額は収入がある方よりは少なくなります。銀行によっては専業主婦(夫)ならいくらまでと具体的に明記してあるカードローンもあればしていないカードローンもあります。明記されていないカードローンで借入できても上限は50万円くらいだと思われます。

 

専業主婦(夫)でも借入できるカードローン

カードローン 上限金額 金利
楽天銀行カードローン 50万円 14.5%
イオン銀行カードローン 50万円 13.8%
じぶん銀行カードローン 30万円 17.8%

 

カードローンの返済額はいくらなの?

 

次に気になってくるのが毎月の返済額です。あまりにも高ければ継続的に返済していくことができなくなってしまいます。限られたお金のなかで返済をしていく必要がありますのでできるだけ少ない方がいいでしょう。

 

カードローンの毎月の返済額

借入額10万円の場合

カードローン 毎月の返済額
楽天銀行カードローン 2,000円
イオン銀行カードローン 3,000円
じぶん銀行カードローン 2,000円

借入額30万円の場合

カードローン 毎月の返済額
みずほ銀行カードローン 10,000円
楽天銀行カードローン 5,000円
イオン銀行カードローン 5,000円
じぶん銀行カードローン 6,000円

借入額50万円の場合

カードローン 毎月の返済額
みずほ銀行カードローン ×
楽天銀行カードローン 10,000円
イオン銀行カードローン 10,000円
じぶん銀行カードローン ×

 

配偶者に返済義務はあるのか?

 

専業主婦(夫)が借入をして返済ができなくなっても配偶者に返済義務はないので業者から請求がいくことはありません。ただ保証人や連帯保証人となっているようであれば請求されますがそうでなければ借入を知っていても請求されません。ちなみに保証人や連帯保証人であれば離婚しても返済義務は生じてきます。

 

しかし保証人や連帯保証人じゃなくても配偶者の返済義務が生じるときがあります。それは借入が日常家事債務と判断された場合です。日常家事債務とは利用目的が食費や家賃、光熱費等を生活していくのに必要なお金となっている債務のことです。

 

もちろん自分の趣味やギャンブル等に使っていれば返済義務は契約者にしか生じません。専業主婦(夫)の利用目的は食費、家賃の支払い、光熱費といった日常家事債務に該当すると考えられるものが半数近くの割合を占めています。