カードローンは収入証明書は必要なのか?

 

カードローンが身分証明書だけで借入できれば非常に便利で即日融資の可能性も高くなります。

 

ただカードローンを利用するのには審査が必要となりその審査で重要になってくるのが収入です。いくら収入があるかは返済能力をチェックするうえで非常の重要なことなのです。

 

そこで収入を確認するために給与明細や源泉徴収票を用意する必要が出てくれば即日融資が受けられないかもしれません。それは収入証明書をすぐ用意するのが難しいからです。

 

収入証明書となるのは源泉徴収票や給与明細等が挙げられますが自分でそれらを管理していればいいですが、奥さんや旦那さんが管理また自分で管理できずどっかにいってしまったりすることも十分にあり得るからです。

 

借入限度額によって収入証明書不要なのか決まってくるのと消費者金融や信販会社と銀行カードローンとでは大きな違いがあるのです。つまりいくらまでの借入なら収入証明書を用意する必要がないかを知っておくことが即日融資には重要なのです。

 

収入証明書となる書類をチェック

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書(2ヶ月分)
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

 

消費者金融の収入証明書不要で借入できる金額は?

 

消費者金融や信販会社は貸金業者であり貸金業法に基づいて営業をしています。この貸金業法は2010年6月に改正され過剰貸付、過剰借入を防止するための総量規制が導入されました。

 

この総量規制により貸金業者は年収の1/3以上の貸付ができなくなったり、1社で50万円超える場合または貸金業者の貸付総額が100万円を超える時は収入証明書の取得が義務付けられたのです。

 

これにより年収に応じての貸付しかできなくなり、返済能力の確認もするようになり、過剰貸付、過剰借入が抑制され多重債務問題の解決を図るようになったのです。

 

つまり消費者金融だけで100万円以上は年収証明書不要で借入することできなくなったのです。とはいえ100万円までなら収入証明書不要で借入はできるので即日審査~融資が可能な消費者金融を選べば100万円までなら即日借入をすることが可能となるのです。

 

総量規制のポイント!
  • 年収の1/3以上は原則借入することができない(おまとめローン等の例外はあり)
  •  

  • 1社から50万円または貸金からの借入総額が100万円を超える時は収入証明書が必須

 

ローンでも借入から除外されるものがある?

 

総量規制には除外貸付というものがあり、これに該当する貸付は借入総額に含まれません。

 

実際は住宅ローンや車のローンは貸付から除外されるのでカードローンの利用に影響することはありません。その他にも除外されるものがありますので紹介しておきます。総量規制では除外貸付としてはっきり明記されています。

 

除外貸付

  • 不動産購入または改良のための貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 不動産担保貸付
  • 有価証券担保貸付

 

収入証明書は在籍確認になるのか?

 

カードローンの審査では勤務先に電話で在籍確認を行います。この在籍確認はほぼ全てのカードローンで行われることになります。しかし申込者の中には在籍確認でカードローンの利用が会社の人にバレてしまうので在籍確認の電話は辞めて欲しいという人や電話では個人情報の関係で在籍が取れない人もいたりします。

 

しかしそんな在籍確認のせいで借入を諦める必要はありません。全てカードローンが対応してくれるわけではありませんが収入証明書や保険証を利用することで在籍確認としてくれるカードローンもあります。特に消費者金融は柔軟に対応してくれることが多いので事情を伝えて相談してみることをおすすめします。

 

また消費者金融のモビットは申込~契約~融資まで電話連絡なしで利用できるweb完結というサービスがあります。電話連絡が無いので審査結果の連絡がメールで届いたりして非常に便利なサービスとなっています。もちろん在籍確認の電話もかかってくることはなく直近の給与明細2ヶ月分と社会保険証を用意すれば審査を進めることが可能となっています。その条件としては三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、その口座を振込融資と口座振替による返済に利用することが条件となっています。

 

収入証明書を用意するのは時間がかかります。在籍確認の電話はダメでも収入証明書も用意できないが即日借入したいという我儘な人はセブン銀行カードローンを利用して下さい。上限50万となっていて少額の借入しかできませんがセブン銀行に預金口座があれば在籍確認の電話も収入証明書も必要なく借入することができます。金利は15.0%と少し高めの設定ですが消費者金融よりは低く借入できるので便利な商品と言えるでしょう。

 

 

銀行の収入証明書が必要となる金額が変わる

収入証明書はこのページでも紹介していましたが消費者金融と違い銀行カードローンは100万円~300万円とっているところが多かったです。しかし2016年9月日弁連(日本弁護士連合会)が銀行カードローンの過剰貸付の関する意見書を金融庁に提出をしたのを機に問題視されるようになりました。

 

それによって2017年4月から法律の規制はありませんが一部銀行は自主規制という形で審査の厳格化のため収入証明書が必要となる金額を引き下げました。金額は消費者金融と同基準の50万円以上の申込の時に必要となります。ただし2017年5月現在全ての銀行が行っているわけではありませんが今後は地方銀行も含め収入証明書は50万円以上の申込で必要になることになっていくでしょう。