即日キャッシングなら収入証明書不要のカードローンを選ぼう!

 

カードローンの審査では身分証明書の他に収入証明書が必要な場合があります。身分証明書や収入証明書を提出しないと審査は進みません。

 

身分証明書はすぐに用意はできても、収入証明書は当日中に用意できないこともあるでしょう。

 

収入証明書が無いことによって審査が進まず、融資までに時間がかかってしまいます。

 

そのため収入証明書が必要となるケースを知っておくことは、融資を受けるにあたって大事なことになります。

 

収入証明書となる書類をチェック

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書(2ヶ月分)
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

 

カードローンの審査で収入証明書が必要となる金額は?

 

消費者金融

 

消費者金融は総量規制の対象であるため、法律で必要となる金額が決まっています。

 

1社で50万円または貸金業者からの借入総額100万円を超える時は、収入証明書が必要となります。

 

消費者金融から収入証明書不要で借りるなら、上記金額を超えないようにしなくてはいけません。消費者金融によっては必ず収入証明書が必須となっています。

 

銀行カードローン

 

銀行カードローンは総量規制の対象ではないため、法律で必要となる金額は決まっておらず、銀行に任されています。

 

50万円超で必要となる銀行が多く、高い銀行で100万円まで収入証明書不要で借りれるカードローンがあります。

 

銀行カードローンから収入証明書不要で借りれる金額は50万円と考えておきましょう。

 

消費者金融は収入証明書不要で即日借り入れ

 

銀行カードローンの審査は最短でも翌営業日となりますが、消費者金融は当日に審査~融資を受けられます。

 

つまり融資を急いでいる人は、消費者金融へ申込する必要があります。

 

消費飛車金融から収入証明不要で借りれる上限は100万円となります。これ以上となれば収入証明書が必要となります。

 

50万円×2社での申込がおすすめです。初めての利用でも消費者金融からは50万円は借りれない金額ではありません。

 

申込件数も少なくていいため、審査で不利になることもありません。

 

消費者金融の審査と総量規制

 

総量規制は収入証明書が必要となる金額だけではなく、消費者金融の審査において重要なことがあります。

 

それは借入できる金額は年収(税込)の1/3までとなっています。例えば、年収(税込)300万円なら借入できる上限は100万円となります。

 

消費者金融へ申込をする時は、自分の年収を確認して、年収1/3を超えない申込金額にしておきましょう。

 

ただ消費者金融のおまとめローン専用商品を利用する時は年収1/3を超えても借りることができます。