カードローンは収入証明書は必要なのか?

 

カードローンが身分証明書だけで借入できれば、即日融資の可能性も高いですが、収入証明書が必要となれば可能性は低くなります。

 

収入証明書は当日用意できないこともあるため、即日融資が受けられないかもしれません。

 

いくらまでの借入なら収入証明書を用意する必要がないかを知っておくことが即日融資には重要です。

 

収入証明書となる書類をチェック

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書(2ヶ月分)
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 所得証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

 

消費者金融の収入証明書不要で借入できる金額は?

 

2010年6月に改正され過剰貸付、過剰借入を防止するために総量規制が導入されました。

 

総量規制により貸金業者は年収の1/3以上の貸付ができなくなったり、1社で50万円超または貸付総額が100万円を超える時は収入証明書の取得が義務付けられました。

 

消費者金融から100万円までなら収入証明書不要で借入はできるため、即日審査~融資が可能な消費者金融を選べば即日融資を受けることができます。

 

総量規制のポイント!
  • 年収の1/3以上は借入できない(おまとめローン等の例外はあり)
  •  

  • 1社から50万円または貸金からの借入総額が100万円を超える時は収入証明書が必須

 

ローンでも借入から除外されるものがある?

 

総量規制には除外貸付というものがあり、これに該当する貸付は借入総額に含まれません。

 

住宅ローンや車のローンは貸付から除外されるため、カードローンの利用への影響はありません。

 

除外貸付

  • 不動産購入または改良のための貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 不動産担保貸付
  • 有価証券担保貸付

 

銀行の収入証明書が必要となる金額が変わる

2016年9月日弁連(日本弁護士連合会)が銀行カードローンの過剰貸付の関する意見書を金融庁に提出をしたのを機に問題視されるようになりました。

 

それによって2017年4月から一部銀行は自主規制という形で審査の厳格化のため、収入証明書が必要となる金額を引き下げました。金額は消費者金融と同基準の50万円超の申込の時に必要となります。

 

2017年5月現在全ての銀行が行っていませんが、今後は地方銀行も含め収入証明書は50万円超の申込で必要になることになっていくでしょう。

 

収入証明書が必要となる金額が変わった銀行

三井住友銀行カードローン 300万円→50万円
オリックス銀行カードローン 300万円→50万円
スルガ銀行カードローン 500万円→50万円
新生銀行カードローンレイク 100万円→原則必要