カードローンの審査時間に違いがある理由は?

 

カードローンの審査時間は人によって違ってきます。当然それはその時の申込時間や申込状況によって変わってくるものだからです。

 

審査は基本的に申込順に行われますので前の人の審査が長引け審査時間も長くなってしまうことがあります。

 

審査自体に時間がかかってしまう人とは融資希望額が大きい、他社借入が多い、収入が少ないといった融資するかしないか微妙な状態である時です。収入に応じた適度な申込金額であったり信用情報に異動情報があったりと融資するしないが即決されることもあります。

 

カードローン側もきっちり返済してくれる人に融資をしたいのは当然であり審査は慎重にならざるを得ないのです。ましてや消費者金融は年収の1/3までしか融資できませんし、一定額以上は収入証明書の取得が義務付けられており慎重になってくるのです。

 

収入を増やしたり借入金額を減らしたりすることはできませんが希望金額を下げることは可能ではないでしょうか。希望金額を下げるというか複数の会社に分けて申込をするということです。

 

ただ申込情報は信用情報に記録されます。信用情報を見れば多重申込をしているのはわかってしまうというデメリットがあるのも事実です。

 

ちなみに多重申込が審査で不利になるのは何社にも申込すると急いでいると判断されるわけではなく単純に「お金がない、お金に困っている」と判断されてしまうからなのです。

 

具体的に多重申込の定義はありませんし業者によって判断が分かれるところなのですが3件を超えてくると多重申込と判断されてしまうようです。

 

初めてカードローンを利用する人は50万円までならあまり審査時間はかからないと考えられます。消費者金融は50万円を超えるまた総貸付額が100万円を超える時は収入証明書が必要となるからです。つまり100万(50万×2社)までなら審査時間はそこまでかからなにでしょう。。

 

カードローンの申込は正確にしないと審査に時間がかかってしまう?

 

申込を正確にしないと無駄な時間がかかってきます。誤入力があれば確認のために連絡して再確認しなければならないからです。もちろん連絡が取れる状況であればいいのですが連絡がとれない状況であれば審査結果がでるまで時間がかかってしまいます。

 

間違った申込をしてはいけないのは自宅や勤務先の情報だけではなく現在の借入状況もです。信用情報にて借入件数や借入額はわかってしまうので変に借入件数や借入額を少なく申告するなんてことは絶対やめましょう。

 

先ほども言いましたが現在借入が全くない人はいいですが複数借入がある人は審査が長引くだけではなく自分の借入を把握できていないのかとマイナスのイメージとなってきます。

 

土日審査していないカードローンもある?

 

プロミスやアコム、アイフル等の大手消費者金融や三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、オリックス銀行等の大手銀行は土日でも審査に対応しているの土日でも即日融資を受けることが可能となります。

 

もちろん全ての金融機関で土日審査に対応している訳ではありません。つまり間違って審査対応していないカードローンへ申込をしてしまうと審査結果は翌日や翌々日になってしまうことがあるのです。

 

土日審査に対応していない銀行としてはみずほ銀行が挙げられます。メガバンクの1つではありますが土日審査対応しておらず自動契約機の設置もありませんのでみずほ銀行カードローンで即日融資を受ける条件の1つとして平日の申込ということがあります。