総量規制とは?

 

総量規制は貸金業法の一部となっており消費者金融や信販会社等が対象となります。

 

総量規制のポイントは、年収の1/3までしか借入できません。例えば年収300万円であれば100万円までしか借入ができないということです。これにより貸金業者は過剰な貸付ができなくなりました。

 

気になるのは利用者が年収を多く申告した場合です。申告のみで審査していたら過剰貸付の解決にならないため、1社から50万円または貸金からの総借入額が100万円を超える時に収入証明書が必要となります。

 

総量規制により既に年収の1/3以上借入があった人は、限度額内での追加融資を受けられなくなりました。

 

一方銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法で営業しているため、総量規制の対象外となり年収により貸付制限はありません。

 

総量規制のポイント

  • 年収(税込)の1/3までしか借入できない
  •  

  • 1社から50万円または貸金からの総借入が100万円を超える時は収入証明書が必要
  •  

  • 銀行カードローンは対象外

 

銀行カードローンも総量規制の対象になるかも?

 

先述したとおり総量規制は消費者金融等の貸金業者が対象となり、銀行は対象外です。ただ2017年4月から大手銀行カードローンは、総量規制と同等の自主規制を行っています。

 

これは銀行の過剰貸付で多重債務が問題となったからです。

 

自主規制の内容は、収入証明書が100万円~300万円まで必要なかったのが、50万円以上の申込で必要となる銀行が増えています。またみずほ銀行は貸付上限を年収の1/2から1/3へと引き下げました。

 

ただ全ての銀行が行っているわけではありません。自主規制で問題が解決されなければ総量規制が導入され、銀行カードローンも対象となるかもしれません。

 

除外貸付と例外貸付

 

総量規制では年収の1/3以上の借入はできません。ただ借入といっても、カードローンだけではなく、住宅ローンや車のローン等いろいろあります。これらの借入が全て対象となれ、ばカードローンを利用できる人が少なくなります。

 

住宅ローンや車のローン等は借入として計算されません。住宅ローンが1000万円あった場合、年収が3000万円以上なくてもカードローンは利用できます。このような貸付を除外貸付と言います。

 

除外貸付

  • 不動産または不動産に改良のための貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

 

除外貸付とは別に例外貸付があります。例外貸付に該当すれば年収の1/3以上でも借入できます。

 

例えばおまとめローンという言葉を聞いたことがあると思います。複数の借入を1つにまとめて金利を下げるローンです。複数の借入があれば、借入金額が大きく、年収の1/3以上ある場合でも、利用者が有利になる貸付となるため、年収1/3を超えても貸付できます。

 

また専業主婦(夫)のように収入が無い人は借入できませんが配偶者の同意があれば借入できます。ただ消費者金融では専業主婦(夫)への貸付はほとんど行っていません。大手消費者金でも貸付していないため、専業主婦(夫)が借入するなら銀行カードローンしかありません。

 

例外貸付

  • 顧客に一方的に有利になる借換
  • 緊急の医療費
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払ための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

 

カードローン契約後に年収の1/3を超えた場合はどうなるのか?

 

ここまでは契約前の話であり、年収1/3を超えていれば消費者金融からは借入できません。ただ契約後に収入減少に伴い、年収の1/3を超えることもあるでしょう。

 

下記はプロミスのHPりですが、収入証明書は契約の時だけではなく3年~5年に一度は再提出が必要になります。

 

また貸付後は定期的に借入状況のチェックが義務付けられています。これを途上与信途上審査)と言います。

 

下記のような場合には定期的に審査が行われ、年収の1/3超の借入が判明すれば、減額や追加融資が停止されます。

 

途上審査について

  • 1ヶ月の貸付の合計が5万円を超えかつ貸付残高が10万円を超える時は毎月審査要
  •  

  • 上記以外でも貸付残高が10万円を超える時は3ヶ月ごとに審査要

 

収入証明書

※プロミスのホームページ参照

 

総量規制により消費者金融の貸付残高は減ったのか?

 

総量規制で一番の影響を受けたのは消費者金融などの貸金業者です。年収の1/3までの貸付しかできないため、貸付残高は減少しました。

 

ただ2014年位からは徐々に貸付残高は増えています。減少したとはいえ、アコムで約8,000億円、プロミスで約7,500億円の貸付残高があります。貸付残高が一番多い銀行カードローンは三井住友銀行で、2016年3月で約6,000億円となっています。

 

消費者金融の貸付残高の推移

  アコム プロミス アイフル
2010年3月期 1,106,655 853,594 423,733
2011年3月期 903,707 764,269 289,361
2012年3月期 799,888 729,632 265,617
2013年3月期 717,114 702,880 224,668
2014年3月期 726,363 699,609 216,072
2015年3月期 747,236 711,748 229,391
2016年3月期 767,196 728,804 262,655
2017年3月期 784,858 747,891 301,063

(単位百万円)