新たにお金が必要になった!?そんな時は新規借入か?増額か?

 

現在借入しているがさらにまとまったお金が必要となった場合は限度額内でなければ新たに申込をするか借入しているカードローンで増額することにより新たに借入することが可能となります。

 

増額とは現在の限度額を大きくしてもらいその限度額内で借入するものです。例えば20万必要で今の限度額が30万円なら50万円してもらうということです。

 

新規で借入する場合のメリットとしては金利が低いカードローンを利用できる可能性があることです。現在消費者金融で借入していれば増額して100万円未満であれば金利が下がることはほとんどありません。

 

そんな時は増額せずに新たなカードローン(特に銀行カードローン)を選択することで件数は増えますが低い金利で利用することができる可能性があります。

 

増額で即日融資できるか?

 

また消費者金融や銀行カードローンでも1社での借入が50万円を超える時は収入証明書が必要となります。既に50万円借入がある人が増額をすると必ず収入証明書が必要となりますの即日融資が受けられない可能性が出てくるのです。

 

増額の場合は新規の時よりも審査時間も早く即日融資の可能性は高くなります。既に利用中のカードローンですからカードも手元にあるのでコンビニですぐに借入することも可能です。カードレスのタイプを選んでいたら申込する時間には気を付けるようにしましょう。

 

新規でも増額でもそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

増額案内の連絡が入ることがある?

 

増額をしたいと思った場合はネットや電話、自動契約機等で申込することができます。しかし増額は自ら申込しなくても銀行や消費者金融から案内がくることもあります。

 

銀行や消費者金融は取引状況やたまには信用情報を定期的にチェックして増額できそうな人へ増額の案内を行います。銀行や消費者金融も取引のいい人にたくさんのお金を借りて欲しいと思うのは当然ですので増額には積極的になります。

 

つまり増額の案内がきた場合は自ら申込する時より審査に通過する可能性としては高くなってくるのです。案内がくれば無職になっていたり他社での返済が遅れていたりしなければ問題なく通るでしょう。

 

取引中にも行われている途上審査とは?

 

取引中に信用情報などをチェックする審査のことを「途上審査」と言います。これは急激に借入が増えたりしていないか、返済状況等をチェックして貸倒にならないようにしているのです。ここで信用低下するような情報が見つかれば限度額は下がってしまうのです。限度額は業者が勝手に減額してもいいことになっているのでいつの間にか借入ができないことがありえるのです。

 

もちろんこれは増額対象者を見つけるためにも利用することになります。他社の借入や返済状況調査を行いより有利な条件(増額や金利を下げる)を利用者に案内することができます。もちろん増額する場合は基本的に事前に連絡が来て了承することになるので勝手に上がっているということはありません。もし増額が必要ないということであれば断ることも可能なのです。

 

途上審査は定期的に行われるので断っても何度も案内がくるかもしれませんのでその時は今後増額案内は不要であることを伝えましょう。ただし増額したいと連絡した時に必ず審査に通るということもありません。

 

増額の審査基準は?

 

カードローンの審査で信用情報や属性等がチェックされますが増額の審査では利用しているカードローンの取引履歴がチェックされます。

 

当然毎月返済が遅れている人は審査に不利になったり逆に全然利用していなくても審査に不利になってくることもあります。増額するには適度に借入しておくことも大切なのです。

 

また返済額を多めに入金しておくことは審査で有利になります。カードローンにはそれぞれ毎月の返済額が決められており最低金額は入金する必要があります。ただカードローンは追加の返済は可能となってきます。最低金額以上の入金をすることで返済能力があることをアピールできるので審査は有利なってくるのです。増額審査の時に昇給等により収入が増えていたりして審査にプラスになることは積極的に申告してアピールはしておきましょう。

 

そして増額を申込する時期は気を付けて下さい。契約後1度も返済せずに増額を申込しても審査に通ることはありません。最低半年~1年は取引をしてから申込するようにしましょう。最初に述べたように増額には取引履歴も考慮されるからです。

 

そして借入額が減っていることも重要になるでしょう。前回の信用情報の記録(何件や何万円等は)は残してあることが多く、もちろん紙ベースではなく社内コンピューター等に保存してあるので前回審査からの借入の増減はわかってしまうのです。

 

増額審査時に借入が急激に増えてたりすれば審査で不利になり、減っていれば有利になってくるのです。

 

増額を利用しておまとめローンを申込することは可能?

 

カードローンを利用している人ならおまとめローンを既に利用していると人もいるでしょう。おまとめローンは複数ある借入をまとめることで金利や返済額を下げることができます。

 

1件の借入金額を増やすことでなぜ金利を下げることが可能になるかというとカードローンは限度額が大きくなるにつれて金利が低くなっていくからです。

 

例えば三井住友銀行カードローンの金利

限度額 金利
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超~200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超~300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超~400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超~500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超~600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超~700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超~800万円以下 年4.0%~4.5%

 

見てもらえればわかりますが限度額が高くなると金利が下がることがわかります。借入が消費者金融だけという人が利用すれば金利はかなり低くなります。おまとめローンは銀行だけではなく消費者金融にもありますが銀行カードローンほどの軽減は見込めません。また消費者金融では銀行カードローンをまとめることができませんので注意が必要です。

 

複数の銀行カードローンを利用している人は新たな借入先を探すのではなく増額でおまとめローンを申込するようにしましょう。ただ増額希望ということは手元にお金が必要になるはずなのでその旨ははっきり伝えないと結局手元にお金が入らないといったことになりかねません。消費者金融はおまとめローンを利用するとまとめる金額以上の借入はすることができないので必ず銀行へ申込するようにしましょう。